添付ファイル保存プラグイン リリースノート

  2017-08-22


プラグイン / 添付ファイル保存プラグイン

バージョン3.0.2 2017/08/22リリース

修正点

  • 設定が間違っていた場合に画面上にワーニング表示するように修正

バージョン3.0.1 2016/06/02リリース

修正点

  • ファイルをアップロード中に別のファイルをアップロードしようとすると画面が崩れる不具合を修正

バージョン3.0.0 2016/04/05リリース

新機能

  • Multipart Upload APIの利用(100MB以上のような大きいファイルをいくつかに分けてアップロードします)
  • ファイルアップロードの割合を表示

修正点

  • 画面を開いたまま時間が経過した際に、アップロード出来なくなる不具合を修正

バージョン2.0.5 2016/03/29リリース

修正点

  • ファイル選択をキャンセルした時の挙動修正

バージョン2.0.4 2016/01/14リリース

修正点

  • レコードコピー時に添付ファイルの情報をコピーしないように修正

バージョン2.0.3 2016/01/13リリース

修正点

  • 永続化プロパティを整理

バージョン2.0.2 2016/01/05リリース

修正点

  • Firefox Webブラウザでのネットワーク障害時の挙動修正

バージョン2.0.1 2015/12/18リリース

修正点

  • 添付ファイル削除時の挙動を修正

バージョン2 2015/12/12リリース

新機能

  • 1アプリ内で複数箇所のファイル添付領域を追加可能
  • ファイルアップロードスペースのラベルを自由に記述可能

バージョン1からのアップデート

バージョン1で保存した添付ファイルは、継続して利用可能です。

ただし、バージョン1と設定の互換性がありませんので、プラグインを読み込み後、一度利用中のアプリの設定画面を開いてください(バージョン2を初めて読み込んだ際に、必須設定項目のエラーが表示されるはずです)。

「詳細設定」→「プラグイン」を選択、インストールされているプラグイン一覧の中から「gusuku kintoneプラグイン」の設定ボタンをクリックします。

既存の設定が自動的に引き継がれていることを確認してください。 1点、ファイルアップロードスペースのラベルの部分を自由に変更することが可能になりましたので、ご希望のラベルを入力してください。

最後に「保存する」をクリックし、アプリの設定画面で「設定完了」をクリックして、バージョンアップ完了です。

バージョン1 2015/11/06リリース

初期リリース

  • 1ファイル1GB以上の添付ファイルをkintoneアプリのレコードに付属してアップロード可能
  • 容量制限無し(料金プランの範囲内)
  • 画像ファイルに関してはサムネイル画像の自動生成